【初投稿】オーストラリア株の売買と投資方針

オーストラリアでも米国や日本と同様、上場企業の株式を取引できます。主な株式はオーストラリア証券取引所”Australian Stock Exchange(ASX)”に上場しており、投資家はASX上場企業の株式を売買することになります。ASXの起源は古く、19世紀中ごろのゴールドラッシュ後にメルボルンで設立された証券取引所が元となっているようです。現在、ASXはシドニーにあります。

私はオーストラリアのネット証券会社イー・トレード・オーストラリア”E*TRADE Australia”を通じてオーストリア株の売買を行っています。もともと私はオーストラリアの大手銀行であるANZ銀行に口座を持っていて、ANZ銀行のネット口座にイー・トレード・オーストラリアの口座開設案内があったのを見つけ、案内に従って口座を開設しました。イー・トレード・オーストラリア以外の証券口座を使ったことがないので他社との比較はしていません。なるべく手数料が安いところを使うのが良いと思っていますので、良い証券会社があればコメントしていただけたらと思っております。下記にイー・トレード・オーストラリアの手数料を載せています。私としては、日本のネット証券よりも高い印象がありますが、サービス料は何でも高いオーストラリアですので仕方が無いとあきらめています。

 

 

取引手数料

私のようにオーストラリアに滞在している方、または過去に滞在して証券口座を開設した方やオーストラリアの銀行口座を持っている方は、証券口座を新たに開くなどして簡単にオーストラリア株式に投資することができます。しかし、日本からオーストラリア株式に投資するには、日本のネット証券からではオーストラリア株を扱っている投資信託に投資できるくらいで、個別株には投資できないと思います。インターネットで検索するとシンガポールのフィリップ証券やアメリカの証券会社で口座を開けばそこからオーストラリアの個別株に投資できるようです。また、みずほ証券もオーストラリア個別株を扱っているようです。日本のネット証券では中国株・ロシア株・ベトナム株など新興国の株式を取扱っていますが、オーストラリア個別株を取扱っているネット証券は現在のところ無いようです。個人的にはぜひともオーストラリア個別株も取扱ってほしいと思っています。

このブログではオーストラリア上場企業の銘柄分析を行いますので、オーストラリア個別株への投資方法や証券会社の口座開設についてはフォーカスを当てる予定はありません。現在のところ、日本居住者に向けのこれといったお勧めのオーストラリア株式投資方法は思いつきませんが、今後情報を仕入れた場合は紹介したいと思います。

話をオーストラリア株式の売買に戻したいと思います。ASXは上場株式の時価総額合計1兆2720億米ドルで、2015年1月末現在世界第14位と、かなり大きな証券取引所といえます。上場企業はBHPビリトンのような巨大企業から、時価総額数億円の小さな企業まで多岐にわたります。

私個人としては、ASX上場株式の中でも成長株に投資して資産を形成していきたいと思っています。よって、このブログでは時価総額1,000億円以下程度の小型~中堅株を中心に銘柄分析を進めていきたいと考えています。

また、ASX上場株式は配当利率が高いという特徴があります。(配当利率5%を超える銘柄も多々あります。)私個人は成長株投資を志向していますが、高配当銘柄に興味をお持ちの方もいらっしゃると思いますので、高配当銘柄の分析もしていきたいと考えております。

オーストラリア株の売買から投資方針についてまとまりなくつらつらと書いてしまいました。私にとってブログ記事投稿は当記事が初で文章がうまくまとまりませんでした。これからブログに慣れていけば文章もうまくなると楽観しています。分かりやすい記事を投稿していければと思います。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

【初投稿】オーストラリア株の売買と投資方針」への8件のフィードバック

  1. 太田

    はじめまして。

    私はオーストラリア市場に良い株が登場するというので、オーストラリアのネット証券会社で、
    かんたんに登録して預けたいと考えていますが、貴殿の取引している会社のサイトをおしえて
    頂けないでしょうか。

    簡単な英語であれば読み書き出来ます。

    宜しくお願いいたします。

    返信
    1. ディンゴ 投稿作成者

      コメントありがとうございます。

      私はE Trade Australia というオーストラリアのネット証券で取引しています。

      https://invest.etrade.com.au/

      手数料は約19ドルと日本のネット証券会社よりも高いですが、今のところ特に不自由したことがありません。

      私の場合はオーストラリア居住者で、かつANZ銀行に口座をもともと持っており、ANZのネット口座に申込案内があったので(おそらくE Trade AustraliaとANZ銀行は提携していると思います。)これを通じて申し込みました。

      数年前に申し込んだので詳細な手続きは残念ながら忘れてしまいましたが、特にややこしい手続きではありませんでした。
      日本と違って非居住者になっても引き続き株の取引きをできます。もし私が日本に帰ったとしても、引き続きこの口座で取引しようと思っています。

      オーストラリア居住者でなくても口座を開設できると思いますが、非居住者が具体的にどうやって口座を開くは専門外です・・・.

      返信
  2. Kei

    はじまめして。

    偶然検索をしていて、貴方様のブログに辿りつき、拝見させて頂きました。
    私も、以前オーストラリアに仕事で居住していました。そのとき、使っていたANZの口座を解約せず、access advantageとTerm depositを置いてます。たまたま、ANZのサイトを見ていたら、ANZ Share Investingがオンラインで登録できるようなのでやってみようかと考え中です。いままで、日本の大手証券会社で豪ドル建て社債やら投資信託を買っていましたが、出来るのなら直接買ってみたいと思ってる次第です。

    返信
    1. ディンゴ 投稿作成者

      Keiさん

      コメントありがとうございます。
      ANZ Share Investingのほうが手数料が低いと思うのでお勧めします。
      可能であればぜひ直接投資もされたほうがいいのではないかなと思います。
      住所が日本でも問題なく開けるといいのですが、試したことがないので、残念ながら有益なアドバイスができません。
      投資信託や社債も良い商品はあるとは思うのですが、個人的には直接投資が投資の醍醐味ではないかと思います。

      返信
  3. ルナ

    初めまして、こんにちは。
    私も同じくオーストラリアに住んでいる者です。
    ワーホリでこちらに着ているのですが、もうそろそろ日本に帰らなければいけないタイミングでして、ANZ銀行にあるお金で投資したいなと思い色々検索している中でこちらのブログにたどり着きました。
    株ことは全然わからない初心者なので、こちらで勉強させていただければと思います。

    早速質問なのですが、素人考えですが投資信託会社に任せてしまうのが手っ取り早いのではないかと思っています。
    ただ英語がそこまで得意ではなく、日本人のスタッフがいるオーストラリアに法人がある投資信託会社があればいいなと思っているのですが、もしご存知でしたら教えていただけますと嬉しいです。

    よろしくお願いいたします。

    返信
    1. ディンゴ 投稿作成者

      ルナさん

      コメントありがとうございます。

      確かに投資信託にお任せすれば楽なのはその通りです。わざわざ英文の報告書も読まなくてすみますし・・・
      しかしながら、手数料がとられてしまう(かなりの額です)ということと、私自身が投資が趣味ということもあり
      投資信託は購入していません。。よってよくわかっておりません・・・。お役にたてず申し訳ありません。。
      そのようなニーズもあるようでしたら、安定した配当株のご案内をこのブログでやったほうがルナさんのお役にたてるかもしれないですね。
      私のポートフォリオは集中投資かつ高リスク銘柄ばかりですのであまり参考にならないかもしれないです。。
      時間がとれずなかなか更新できていませんがこれからもコツコツ更新するつもりです。よろしくお願いします。

      返信
  4. ハレルヤ

    はじめまして。
    こちらのブログを読ませていただき、お困りの方が多いので、知っている範囲でお知らせいたします。
    現在、オーストラリア、欧州の株(米国市場向けADRを除く)を直接取引できるネット証券はありません。極東証券では、SBIやマネックスで取り扱いのあるASEANや中国などの他にオーストラリア、欧州もあります。
    現地手数料が取引ごと60AUDからで、外国株の国内取引手数料が売買金額の0.864%がさらに掛かりますので高い部類に入ります。ざっくり片道5,000〜6,000円くらい。
    極東証券は、外国株に関しては中国株式市場に特化していますが、日本では直接投資の難しい中東、南アフリカ、メキシコと外国株式のラインナップは目を見張るものがあります。参考までに、お役に立てれば光栄です。
    ただ、直接投資というなら税制もはっきりしており情報開示が米国株と同じ様式で読めて手数料も米国株と同じならADRでいいじゃないかとは思います。

    返信
    1. ディンゴ 投稿作成者

      ハレルヤさん

      コメントありがとうございます。
      日本でもオーストラリア株や欧州株に低コストで取引できればいいですよね。
      是非今後も情報を頂けたらと思います。よろしくお願いします!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です