イギリスがEU離脱

ここオーストラリアでも、イギリスのEU離脱について話題になっています。同僚によるとオーストラリアにはイギリス国籍のある人が100万人程度いるそうで、オーストラリアでも領事館などで投票できるとか(未確認情報です)

投票結果を見ると、ロンドンなど大都市とスコットランド・北アイルランドはEU残留、大都市以外のイングランドが離脱を支持していたようですね。都市部の人はグローバル企業に勤務しているような国際派の人が多く、グローバル化に賛成する人が多いんでしょうね。一方で地方部は移民に仕事を取られ、グローバル化に反対の人が多いようです。

オーストラリアに来るようなイギリス人はそもそも国際派で、イギリスのEU離脱は全く望んでいなかったようですが・・・。同僚にイギリス人はいませんが、その友達のイギリス人たちは全員「大ショックだ」とのことです。取引先にはイギリス人がいるので今後聞いてみようと思います。

オーストラリア株も大企業を中心に下落してしまいました・・・。まあ一時的なものだと思いますが。

イギリスがEUを抜けると、銀行業を中心に、EUにアクセスし辛いイギリスに本部を置く必要がなくなりますよね。ロンドンから違うところに移るんじゃないですかね・・・・。パリかブリュッセルか・・。でもパリは英語があまり通じないし、やっぱりEUに英語圏の大都市ロンドンがあるというのが非常に大きかったと思います。

残留派が多かったスコットランドと北アイルランドはイギリスから独立とする動きが活発化すると思います。例えばもしスコットランドが独立してEUに加盟すれば、英語圏だしもともと金融は強いしということで、ロンドンの代わりにエジンバラに各国銀行のEU本部が移るかもしれないですね。でもそれよりもすでにEUのアイルランドのダブリンのほうがロンドンの代わりになるなる可能性が高そうですが。

いろんな話を同僚としましたが、どうなるか全くわかりませんね。今後どのような条件でイギリスがEUを離脱するか注目したいと思います。

イギリスがEU離脱」への2件のフィードバック

  1. まぬか

    おひさしぶりです。
    思ったよりも早く、英国離脱による株価暴落から立ち直った感じですが、まだ予断は許されないといった感じでしょうか。

    さて、こんなディックスミスの記事がありました。
    http://www.news.com.au/finance/business/retail/mcgrathnicol-releases-dick-smith-report/news-story/c2897a8cf8023b3f7490b7f16c2781c2

    急成長することは同時に倒産になるかもしれないという、諸刃の剣であることを知りますね。
    やはり、倒産だけは絶対に避けたいですものね!

    今日もお元気で。

    返信
    1. ディンゴ 投稿作成者

      まぬかさん

      コメントありがとうございます。
      英国離脱による株価下落も一時的なもので済んでいるようです。まあ、私はマーケットの上下については予想しないようにしていますが。。

      ディックスミスの記事ありがとうございます。小売業は在庫との戦いですよね。急成長=在庫増=現金の減少ということで、非常に管理が難しい問題ではあります。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です