月別アーカイブ: 2018年2月

豪ガスパイプライン企業の収益が悪化?

オーストラリアのガスパイプライン運営企業は将来の配当金生活における主力投資先と考えています。パイプラインや送電線の運営会社は、パイプラインを使ってガスを購入したい個人や企業、送電線を使って電気を使いたい個人や企業に対し独占的な交渉力を持っています。自社以外にガス輸送サービスや電気輸送サービスを提供している競合他社が無いからです。当然、不当に使用料を釣り上げないように、政府によりパイプライン輸送料が設定されています。

ということで、オーストラリアで幹線パイプラインを保有・運営しているAPA Groupや、メルボルンのパイプライン網を保有・運営するAusnet Serviceなどは政府決められた収益を安定的に稼ぐことができ、投資家に安定した配当金を支払うことができます。これらの会社は安定高配当株として知られており、このブログでも過去に紹介しています。私は過去にDuet Groupを保有していましたが、香港の長江実業に買収されました。(おかげで少し儲けました

続きを読む

【銘柄分析】Reef Casino Trust (RCT)〔2017年12月期〕

今回はASX上場のホテルリゾート運営会社のReef Casino Trust(RCT)を紹介したいと思います。配当利率が5%を超えている高配当株でもあります。

この会社はケアンズにあるプルマンリーフホテルカジノというその名の通りカジノが併設されたホテルを運営しており、事業利益を配当として投資家に支払っています。私は泊まったことが無いのですが(そもそもケアンズに行ったことがありません。いつか行ってみたいのですが・・・)
続きを読む