投資方針

オーストラリア株の中長期投資を通じて資産形成を目指します。

【投資方針】

1.将来的に平均以上の利益を長年生み出すことが出来る企業を探し出す。なぜ高収益を実現できるかを分析する。

2.その企業の株価が割安になった際に、株式を購入する。

3.株式を購入した企業のビジネスが毀損される、上記1.2.の分析が間違っていた場合は株式を売る。そうでない限りは株式を持ち続ける。

【分析手法】

1.財務諸表分析

過去の財務諸表から、財務状況を確認する。特に、投下資本収益率〔税引き後利益÷(固定資産+売掛金+在庫-買掛金もしくは純資産+有利子負債)〕の推移を確認する。

 

2.ビジネスモデル分析

財務分析で財務状況が良い企業を発掘したのち、その企業の何が高収益をもたらすかを分析する。高収益をもたらす主な要因は「無形資産」「スイッチングコスト」「ネットワーク効果」「コスト優位性」の4つである。

「無形資産」

ブランド:競合企業よりも高いお金を払ってでもそのブランドの商品を買いたいと消費者が考えるか。(例)高級ブランド

特許:特許は期限が切れるため高収益をもたらし続けるとは限らない。1つではなくなるべく多くの特許を持っていることが望ましい。(例)製薬

政府の許認可:製品やサービスを提供するために必要な政府の許認可は取得困難か。許認可が多くの細分化されているほど参入障壁が高い。(例)電力・ガス、通信

「スイッチングコスト」

消費者が、競合他社が提供する製品やサービスに切り替えるのが面倒だと感じるか。消費者のビジネスプロセルに深く入り込んでいるため、いまさら切り替えが困難であるといえるか。(例)銀行口座、各種ソフトウェア

「ネットワーク効果」

製品の価値が、その製品を使っている人が多いほど高まっていくかどうか。情報を扱う製品のほうがネットワーク効果を得やすい。(例)マイクロソフトのウィンドウズ、クレジットカード、オークションなど

「コスト優位性」

消費者にとって価格の安さが主な購入の要因ならコスト優位性が効果がある。その企業のプロセスは競合他社より効率的か(例)デル、サウスウエスト航空

製品やサービスを競合他社よりも安く生産・提供できる立地上の利点があるか。安いコストで生産できる場所に独占的にアクセスすることができるか。(例)石油会社・石炭採掘会社

規模の経済があるか。固定費の割合が高い産業ほど規模の経済が効きやすい。

 

3.株価分析

目標株価は設定しない。現時点の株価のPERを確認し、割安割高をチェックする程度にとどめる。基本的に「いい企業の株をまずまずの価格で購入し、ずっと持つ」というスタンスで株式投資に取り組む。

【投資目標】

まずは100万豪ドルの資産形成を目指すべく成長株投資を行う。その後は安定的に資産を伸ばすべく、高配当株投資を行う。

 

以上の方針でオーストラリア株に投資し、資産の増加を図っていきたいと考えています。

 

2018年5月11日追記

運用金額が約70万ドルと増えてきているので、一部を高配当のオーストラリアReitにて運用中。

投資方針」への2件のフィードバック

  1. くまモン

    オーストラリアに住居を構えて数年が経ちました。
    今後の暮らしのことを考えて、これから株式のことを勉強していこうと思ったところ、ディンゴさんのサイトとで出会って楽しく読ませていただいています。

    全くの素人で申し訳ないのですが、
    ・オーストラリアでの株式売買・配当の税率はいくらでしょうか?
    ・配当の時期ですが、 2017-09-30と書かれている場合、Firsf Halfの時期はいつなのでしょうか?
    ・配当は、何もしなくても銀行口座に振込されるのでしょうか?

    本当に素人質問で申し訳ありません。

    返信
    1. ディンゴ 投稿作成者

      くまモンさん

      コメントありがとうございます。
      ・オーストラリアの譲渡益・配当はその他収入(給与など)との総合課税となります。なので「人による」なのですが、オーストラリアは累進課税なのでその他の収入が多ければ税率が上がります。一方で譲渡益については1年以上保有すれば税率が半分になるというルールもあります。というわけでオーストラリアの税制上、株式投資をするのであれば長期投資がよいといえます。
      ・配当の権利確定日に株を保有すれば配当を得られます。例えば私の保有株であれば、3月31日が権利確定日なら、4月末までには配当金が支払われるといったスケジュールですね。その会社のホームページに情報が記載されているので確認できます。
      ・何もしない場合は、確か今のところ小切手が郵送されると思います。もし銀行振り込みにしたい場合は、その手続きが必要となります。
       具体的には、株を購入すると、その会社が起用している株式事務会社(computershareなど)から手紙が届きます。株式事務会社の手紙に書いてあるURLにアクセスし、配当金支払い方法を「銀行振り込み」に変更し、銀行口座を入力すればOKです。私は銀行振り込みにしています。

      今後もコツコツ続けるので、よろしくお願いします。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です